バナー

プロミスの過払いでお悩みなら

過払いという言葉を聞きますが、お金を借りて返す時に返し過ぎてしまったというのは、どういう事なんでしょうか。

過払いは、間違って返し過ぎてしまったとかそういう事ではなく、お金を貸し出している金融業者が、本来返すべき金額を超えて、お金を返させていたという事になります。つまり、金融業者の問題です。金融業者がお金を貸す時に、貸す事により利益が出る、利子というものを取る事になりますが、貸したお金に付けて良い利子の割合は、法律で決まっており、10万円未満は20パーセントまで、10万円以上100万円未満は18パーセントまで、100万円以上は15パーセントまで、となっています。

例えば、50万円貸したとしたら、利子は、50万円の18パーセントまで付けられますから、最高9万円の利子を付ける事ができ、借りた側が返す金額は59万円となり、貸した側は利子の分の9万円の利益が出る事になります。

しかし、金融業者によっては、違法に法律で決められた利子よりも高い利子を付けて貸す所もあります。
金融業者としては、高い利子を付けた方が利益が増えるので、決められた利子よりも高い利子を付ける所があるのです。では、なぜそういう業者がいるのかという事ですが、法律で定められているのは、上記の割合ですが、29.2パーセントを超えないと、法律で罰する事が出来ない事になっています。

なので、20パーセントを超えて29パーセントの利子を付けて金融会社がお金を貸しても罰する事はできません。

そこで過払いというものが発生してしまいます。
法律で罰する事は出来ないにしても、法律で定められている利子の割合を超えていた場合、その分の利子を払う必要はありません。

なので、払い過ぎた過払いの分のお金を返してもらえる場合があります。金融会社は意図的に過払いをプロミスなどがさせている場合は、簡単には返してくれない事がありますが、その場合、弁護士などに相談して間に入ってもらう事により、過払い金を返してもらえる可能性があります。